ジュリアの真空管アンプは 拘りの手作りアンプです。
真空管式モノラル・パワーアンプ

出力管に6L6を使用した、シングルプッシュプル・モノラルパワーアンプ。

真空管式モノラル・パワーアンプ

1936年に世界初のビーム管として
産声を上げた歴史的名球6L6。

本来の能力を存分に引き出すために、シンプルでありながら緻密な回路設計がなされ、
近年流行っている3極管接続などのゴマカシは一切行わず、
6L6の本来あるべき姿である純粋なビーム管接続で動作しています。

手作りのシャーシ

手作りのシャーシ

1枚の鋼板を手曲げをして穴をあけ、バリ取りなど施し、専用のシャーシを作ります。
電源及び出力のトランスを搭載しても、シャーシの天板がたわまない剛性を確保しています。

塗装

塗装

一つ一つ塗料を吹き付け裏側も綺麗に塗り、焼付塗装で仕上げます。表面に記載される球の型番などはシルクスクリーンで印刷します。

ベーク板

ベーク板

主要なパーツが取り付けられる部分は厚手のベーク板を利用いたしますが、市販されているものではなく、このアンプ専用に一から加工しています。

トランス

トランス

このアンプに使用されているトランスは市販の汎用品ではなく、専用設計の特注品となります。丁寧な手巻きにより、コイルを綺麗に巻くよう製作しています。

配線

配線

近年の真空管アンプは、基板を使用する物が殆どですが、信頼性が高い手配線により製作されています。。

完成

完成

手作りにより製作されたパーツが一つに組みあがり完成します。

6L6のデリケートな
音質を引き出すために。

専用設計された特別な出力トランスを採用。
丈夫な鉄製手曲げシャーシ。
厳選したC、Rパーツを使用。
手配線で、プリント基板の使用はありません。

イメージ

厚く豊かな中低音。
温かみを感じる中音域。
耳あたりが良い高域。

付属する真空管は、全てビンテージ球。
余裕ある豊かな再生音を得るために、モノラルアンプ構成といたしました。

モノラル構成の為、良好なチャンネルセパレーションや音場の広がり、
腰の据わった安定感、しなやかで余裕のドライヴ力を感じられることと思います。

厚く豊かな中低音、音色が豊かで白熱電球の様な温かみを感じる中音域、
耳あたりが良く疲れない高域、表現力が高い豊かな音楽再生音….。

音が綺麗で薄味な近代真空管アンプとは、一線を画す音質に仕上がっています。

イメージ

仕様

型番 SJ - 6L6
出力 20W
スピーカーインピーダンス 4Ω/8Ω/16Ω
周波数特性 0Hz (-2dB) 〜 20.000Hz (-4dB)
サイズ 幅210mm(左右合わせたサイズ)x高さ180mmx奥行280mm
使用電圧 100V 50/60Hz
使用真空管 6L6、6N7、6SJ7、5U4G

価格

300,000円 左右ペア(本体価格)
お問合せ・ご注文はこちら